行願寺(革堂)

行願寺(革堂)
行願寺 行願寺 行願寺

西国三十三ヶ所めぐりの第19番札所として知られ、一般に「革堂」の名で親しまれている。

1005(寛弘2)年、行円上人により開山。この時三蹟の一人、藤原行政が「行願寺」の寺額を書いたという。

上人が俗人であった時、山中で自分が射殺した雌鹿のお腹から小鹿が生まれるのを見て殺生の罪を悟り、仏門に入った。以来、常に鹿の毛皮を身につけていたことから革聖(かわひじり)、革上人と呼ばれた。これが「革堂」と呼ばれる由来である

室町時代頃からは、六角堂とともに代表的な町堂となり、事が起これば町衆の集まる場所とされていた。

現在の本堂は1816(文化3)年の建立。本尊十一面観音菩薩は秘仏で1月17・18日のみ開扉。宝物館には行円上人の革衣や幽霊の絵馬がある。境内緒堂には京都七福神のひとつ寿老人、火難盗難よけの神・鎮宅霊符神がまつられている。毎月15日、6月30日に護摩供養を行う。