京都御幸町教会

京都御幸町教会
御幸町教会 御幸町教会 御幸町教会 御幸町教会

正式名称は「日本キリスト教団京都御幸町教会」

1913(大正2)年に建てられた煉瓦作りの平屋建てでゴシック様式を基調としている。現存する数少ない煉瓦造りの教会堂

設計は、明治末期から昭和初期にかけて活躍し、明治学院チャペル、関西学院、大丸ヴィラなどを手がけたメレル・ヴォーリズ。本教会は、彼の初期の教会堂作品として知られる。

南接する集会所との境として3連のガラス入り格子戸設置されており、上部の壁内に引き込む揚戸(あげど)になっている。これは、他に例を見ない珍しい設計として注目される。